生きるための知恵袋~本とプログラムとイメージと瞑想から~

潜在意識の叡智に触れて自分を磨く「イメージストリーミング」と「自律訓練法」と「アルファ波バイオフィードバック」の手法をお伝えしています。同時に多くの書物やプログラムからいろんな考え方を提案しています。

新年の目標設定をするなら6分野についてやってみると効果的

今日これを書いているのは2020年12月31日です。

晦日ですね。

年末年始には、新年の目標を立てる人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな目標設定をする際に、6分野にわたって考えると効果的だという話をしてみます。

目標設定の6分野とは?

漠然と

「良い年になりますように!」

では目標設定になりません。

そしてまた具体的に設定しようとしても

仕事の目標にしようか、ダイエットの目標にしようか

迷ったりもします

そこで総合的な目標設定のやり方として

SMIのPSPプログラムでポールマイヤーが推奨する人生の6分野について

それぞれ目標設定することをお勧めします

 

1.職業と経済

仕事のお金の目標となります

2.精神面

性格の向上、困難な場面で逃げない、毎日自分を肯定する言葉を唱えるなど

3.家族

親孝行の計画 配偶者への配慮 子供との関わりなど

4.教養面

読むべき本 英語をマスターする 資格を取る

5.健康

運動の計画 食生活の改善 体重を減らすなど

6.社会との関わり

必ず募金する どこかのボランティアに参加する 何かの交流会に入るなど

 

以上、6分野について方針を決めて、細かく設定していくと、自分の人生の総合的な新年の目標設定が完成します。

専用のノートや、スマホやPCで専用のメモコーナーを設けるといいと思います。

そして中でも必達と思うような目標は、折に触れてみることができるように、どこかに貼っておくと効果的です。

 

いかがでしょうか。目標設定は設定するときにきちんと練っておくことが何より大事。専用ノートを作って、まずはいろいろ書いてみては?と思います。

*************************

◆「潜在能力を引き出して豊かな人生を送る」のご案内

 

 

 

◆「無料オリエンテーション」のご案内

 

 

辻冬馬式コーチング 読者登録フォーム