生きるための知恵袋~本とプログラムとイメージと瞑想から~

潜在意識の叡智に触れて自分を磨く「イメージストリーミング」と「自律訓練法」と「アルファ波バイオフィードバック」の手法をお伝えしています。同時に多くの書物やプログラムからいろんな考え方を提案しています。

言葉を条件反射的に使って気分を変える方法

ネガティブな気分を変える方法

ネガティブな気分になったときに、言葉を使って心の状態を軌道修正することができます。有名なYES BUT法の精神面への応用です。

 

  • ああ、今日は会社に行きたくない
  • どうしていつも失敗するんだろう
  • こんな目標は自分にはもともと無理なんだ
  • チャンスをもらった でもできるんだろうか?

 

こんな風に、心の中でつぶやいたことはありませんんか?

だれでも一度はあると思いますし、実際のところ頻繁につぶやく人もいます。

こんなときのために、自分を条件づける言葉を用意しておくのです

 

f:id:anisaku:20201229134819j:plain

YES BUT法だとこうなる

  • ああ、今日は会社に行きたくない

BUT でも行けば充実するし、今日もそうなるに違いない

  • どうしていつも失敗するんだろう

BUT でもあの時はうまくいったし、考えて見たら成功もたくさんしている。大丈夫だ

  • こんな目標は自分にはもともと無理なんだ

BUT でもこれは誰にとっても大きな目標で誰でも苦労する。自分も苦労するががんばろう

  • チャンスをもらった でもできるんだろうか?

BUT でもこのチャンス自体よくゲットしたものだ、結果は考えず目の前の一歩一歩に集中していこう

 

条件反射になるまで繰り返すこと

人生のあらゆる場面でネガティブが顔を出します。人間は、危険を察知しそれに対応するため、脳の傾向としてネガティブに物事をとらえるようにできていますから、悲観的とか消極思考とかで悩む必要はありません。当たり前だからです。

ただし、その危険対応のエネルギーをうまく変換できればよりよい生き方できるので、その一つとしてYES BUT法を日常にも使ってみるということでご紹介しました。

 

 

西田文郎著「№1メンタルトレーニング」を参照しています

 

 

 ************************* 

 ◆「潜在能力を引き出して豊かな人生を送る」 ご案内

 

◆無料オリエンテーションのご案内

 

メールマガジンで実践的な情報をお伝えしています

 ステップメール:イメージストリーミング実践紹介 読者登録フォーム