「イメージキャッチング」は人生を変える~イメージと瞑想

潜在意識の叡智に触れて自分を磨く「イメージストリーミング」と「自律訓練法」と「アルファ波バイオフィードバック」の手法をお伝えしています。同時に多くの書物やプログラムからいろんな考え方を提案しています。

真剣に取り組んでることから離れてみることの大切さ

なんでもそうだけど

あまりにも集中して熱中して没頭してしまうと

俯瞰してみたり多面的に見たりすることができなくなります

要は一歩下がってみることが大事になるわけですが

そのためには積極的に一歩下がらないとなかなか

自然にはそうなりません

 

たとえば旅行に行く

美術館に行く

街をぶらぶらする

山を歩く

ドライブで遠出する

ETC.

 

仕事から離れたり

スポーツの練習から離れたり

とにかく自分が一生懸命に取り組んでいることから

離れることですね

夫婦関係ということなら

別居までいかなくても

土日などで一人で過ごしてみるとかですね

 

そうすると脳というのはよくできており

すかさず 正しい方向へ思考を導いてくれます

対象にどっぷりつかっていると対処療法的な動きをしていた脳が

対象から離れたら

違う動きを始めるのです

 

脳の操縦は自意識ではできません

脳がどう動くかを知って

その知識に基づいて対応することで脳を的確に動かすことが大事ですね

 

さて

毎日旅行には行けませんし

忙しいと山歩きもドライブもできません

そんなとき

それと同じ効果を脳に及ぼすのが

自律訓練法=アウトゲニックトレーニングです。

そこでは自意識は静まりそれによって大脳の動きも静まり

間脳中心の整理状況になり

松果体が活性化してくると

それによって光が見えるという説もあります

これは俗説ではなくて松果体という間脳の奥にあるドングリのような器官は

魚時代には額についていた第三の目で

まさに光を感知する機能があったのです

だからといって今でも人間の脳において松果体

光を見せてくれるというのは行き過ぎですが

ただ自律訓練法黙想練習では

光を見る練習をして そしてそれは練習すれば確実に見えてくるのです

 

f:id:anisaku:20181227235818j:plain

 

真剣に取り組んでることから離れてみること

それは

自分の人生の第一線から一歩下がるということも意味します

 

いろんな方法がありますからぜひ意識的に取り入れてみてはいかがでしょうか

そして自律訓練法=アウトゲニックトレーニングは

そのもっともすぐれた手段のひとつです。

 

 

自律訓練法とアルファ波バイオフィードバック 読者登録フォーム