「イメージキャッチング」は人生を変える~イメージと瞑想

潜在意識の叡智に触れて自分を磨く「イメージストリーミング」と「自律訓練法」と「アルファ波バイオフィードバック」の手法をお伝えしています。同時に多くの書物やプログラムからいろんな考え方を提案しています。

今の仕事はどう展開するか?イメージストリーミング日記2020/4/14

f:id:anisaku:20200414165740j:plain

イメージストリーミングは

目を閉じて

見えてきたものをそのまま言葉にして

それを録音しておいて

あとでそれを聞きながら

無意識=潜在意識は私にどんなメッセージを送ってきたのか?

それを解釈する一連の流れのことです

 

今回のテーマは

 

今の私の仕事は今後どんな風に展開していくか?

です

 

今の私の仕事は今後どんな風に展開していくか?

 

f:id:anisaku:20200414165932j:plain

夜の森の中

それは明日戦いがある、その前の日の夜のこと

一人の騎士が馬に乗って老賢者と何か話し込んでいる

賢者は灯を手に提げており

そのあたりだけが明るい

周囲の闇には小鬼たちが踊っている 楽しそうに

森の中に入っていくと西洋の夜の森から

日本の神社のわきにあるようなこんもりとしげった森に

朝日が差し込んでいるというような光景になっている

でも森から出てくると西洋の森の入り口のままだ。

 

わかった!

賢者のもっているランプの光は

日本の山にさす太陽の光が光っているのだ

騎士の状況は夜であり明日が戦であり

暗く見通しが立たないものなのだが

しかし森の入り口で出会った賢者のもつ灯は

時空を超えてすでに

信じられないくらいの豊かさの光を

この状況下でさえもたらしている

それはまだ小さいがその元となっている森も光も巨大だ

 

この闇は賢者とともにいれば大丈夫であり

賢者はすでに大いなる光をもたらしているのだ

 

解釈

f:id:anisaku:20200414171111j:plain

今はまだ仕事の展望がはっきりしない

このまま続けるか 転職する方がいいか

わからない 先行きが見えないし

どうやら先行きはあまりよくないように感じる

しかし

賢者と出会うことでその賢者が

それほど明るい見通しのない状況でも救ってくれる

明日は死ぬかもしれないという戦いの前夜にあっても

賢者が持ち込む光は

今ここの夜の光ではなくて

未来の大いなる光だということ

その光で道が照らされるなら頭で考えて絶望的な状況でも

大丈夫 何とかなるどころか

確実に人知を超えた知恵で賢者が導いてくれるのだ

 

まとめ

イメージは自在ですね。

この騎士が戦いの前夜に森の入り口で賢者と会うというのは

イメージャーの過去の読書体験が映画か童話かなにかから来ているのだと思います

問題はその場面の中で灯が小道具として重要な意味を持っているということですね

 

このようにイメージはいつも流れていますが

そのイメージがどんな意味を持っているかは一度キャッチしてじっくるい眺めなければなりません

わたしたちは一日中イメージの流れを体験しているので

もちろんすべてのイメージを記録して解釈することはできませんが

折に触れてそれをすれば

多くの気づきを得られることは間違いありません

 

www.tuzitomasikitarotcoaching.com



 

 

 

イメージストリーミングの実践基礎をご紹介する無料メールマガジン登録フォームです

 

イメージストリーミング実践紹介
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。